病院と整骨院の違い

#

#

むちうち症について

交通事故の治療費について

治療風景

交通事故に遭うとかなり高い確率でむち打ちになります。
まずは整形外科に行って検査をしてもらいましょう。
その目的は、異常がないかどうかレントゲンやMRIによって確認すること以外にも、診断書がなければその後の賠償請求などに影響が出てくるからです。
もちろん軽傷の場合は接骨院でも警察用の診断書を用意できます。

交通事故が原因の通院では健康保険がきかないということで心配する人もいますが、心配無用です。
整形外科でも接骨院でも、治療費は全額加害者の任意保険、あるいは自賠責保険によって支払われます。
加害者が保険に加入していない場合は本人に支払いの義務があります。
ですから健康保険の適用を受ける必要がありません。

病院と整骨院、併院して治療をうける方が多いです

スタッフ写真

むちうち症の場合、最初に整形外科に行ったものの、整骨院と両方合わせて治療を受ける患者さんが多いのはなぜでしょうか。

両方通っている患者さんによると、「整形外科ではむちうち症はあまり真剣に診てもらえない」、「検査はしてくれるけど、治療は湿布だけ」、「痛いと言っても、問題はないと言われてしまう」、「牽引では治る気がしない」、「他の患者で忙しそう」という理由によって両方を利用しているようです。
もちろん整形外科医にも言い分はあるようで、「そもそも接骨院では必要以上のことをしている」とう言う方もいます。

整形外科医の中でも、個人経営で開業医の場合には他院での治療を嫌がることがあります。
その一方で、中規模、大規模の病院の医師は勤務医のため、患者の意向を尊重することが多いようです。
同じことが個人経営の整骨院にも言えます。
やはり自院での治療をすすめることでしょう。
保険会社は保険会社で、できるだけ出費を減らすことをその目的としています。
つまり、それぞれが自分の都合に合わせて意見を言うという状態です。

大切なのは患者さんの視点に立つことで、どこも悪くないと言われても症状があるわけですから治さなければなりません。
当院ではそのような患者さんに対して、整形外科での定期的な検査をすすめています。
それだけではなく、当院の施術によって治癒に向かって励んでいただきたいと思っています。
とくに自己負担ではなく、治療費が全額支払われるわけですから積極的に活用していただきたいと思います。

他院から転院された症例

20代男性イラスト

他院からの転院(首、腰のはり)

我孫子市 20代後半 男性

追突事故に遭われ、強い痛みでないものの、日常生活に支障が出ていました。

先に電気治療で痛みを減らし、手技で筋肉を柔らかくして、最終的に痛みが取れない部分は矯正治療を施しました。
治療は経過を診ながら患者様と相談して治療というのが当院の基本治療方針です。
トータルで3ヶ月ほど通院されました。
我孫子市駅前北口整骨院を選ばれたのは、仕事が多忙で日中は病院に通うこができない理由からで、仕事帰りに利用できて大変よかったとのご感想をいただきました。

30代男性イラスト

他院からの転院

我孫子市 30代前半 男性

停車中に後ろから追突され、右手のしびれが強く出ている状態でした。
仕事の関係で病院に通院できず、当院に来院されました。
首の治療でほとんどの症状が緩和されました。

我孫子市にある店舗のご案内
TOPへ戻る