初期に気づかないムチウチ

#

#

むちうち症について

病院での診断がすべてではありません。症状があるかどうかがポイントです 問診風景

むちうちという言葉は一般的に用いられていますが、その中には軽いものもあれば思いものもあって、症状もさまざまです。
またどの医療機関のどの医師に診察してもらうかによって、診断が異なることがあります。
専門家の間でも診断が難しいようですから、医学的知識と経験を持ち合わせていない場合はさらに困難を極めることになります。
しかしだからといっていい加減に済ませてしまわないでください。
とくに交通事故に関係するむち打ち症では、賠償請求に関係する点が出てきます。
ぜひお問い合わせください。

「むちうち」ってどんなもの?

むちうちってどんなもの?

1.自動車の追突などによるケガで発生頻度の高いものです

追突されると、その勢いで体は前にいくものの頭だけが取り残されてしまいます。
つまり、急激に後ろに反り返った後、前方へ勢いよく曲がることになるため、まるで鞭のようにしなることからこの名前が付いています。
頸椎周辺を損傷するため、後遺症が発生します。
交通事故経験者の多くがこのむち打ち症に悩まされます。

2.事故からすぐに症状が現れるとは限りません

むちうち症が厄介なのは、事故直後には症状が現れない場合があることです。
翌日、あるいは数日たってから調子が悪くなることがあるのですが、そのような時には直ちに医療機関を受診してください。
その際には、正確な情報を医師に告げて、その症状が交通事故に起因するものであることを知らせてください。
できるだけ早く治療を行なうことによって、慢性化を防ぐことができます。
さらに賠償請求の面から見ても、事故から日にちが空いてしまうと関連性が疑われることがありますので、とにかく症状が出たらすぐに病院へ行ってください。

3.体のあちこちに症状がみられる可能性があります

一般的には頭痛や肩の痛みが挙げられますが、それ以外にもうなじの痛み、熱感、背中の痛みや手足のしびれ、意識障害、めまい、難聴などを経験することがあります。

4.むちうちの症状はたくさん

病院でX線検査やMRIなどで異常が発見されなくても、本人に自覚症状がある場合はむちうち症と判断することができます。
病院での病名だけではなく、頸椎周辺の組織が損傷しているならば医学上の判断に依存しなくても、治療を必要とするものとして扱う必要があります。
ただし、むち打ち症の性質上、交通事故の被害者が損害賠償などを請求する場合には非常に苦労することが多いようです。

実際のムチウチの症例

30代男性イラスト

3カ月で順調に回復しました

我孫子市 30代 男性

信号で車同士の接触事故でした。
首が上がらず回らないといった症状で、何をしても痛く、夜も眠れないほど強い痛みでした。
最初は病院で「打撲」という診断を受けました。
保険会社に連絡して治療を開始しました。
矯正治療を入れたかったのですが、痛みがあるとできないので、まず痛みを取ることから始めました。
当院の交通事故治療は、大体の目安が3ヶ月で、ほとんどの方がその期間内に治療を終えられています。
この方の場合も3ヶ月で治療が終了しました。

40代女性イラスト

むち打ちの頭痛も落ち着いてきました

我孫子市 40代 女性

交差点で信号待ちの際、後ろから衝突されました。
頭痛がひどく、むちうちの症状があったので、まずは、手技療法と電気治療、ハイボルテージで痛みを抑え、ある程度良くなったので矯正を加えました。
現在3ヶ月目で、寒くなると痛みがうずくといった具合ですが徐々に痛みが落ち着いてきています。

我孫子市にある店舗のご案内
TOPへ戻る